HOMEブログ店長ブログ >お風呂グッズの皮脂汚れには

お風呂グッズの皮脂汚れには

2016/10/18
お風呂の中にある、プラスチック製の物って、皮脂汚れがつきやすいですよね。中でも風呂椅子。これは、毎日さーっとこすることができれば、皮脂汚れはたまらないのですが、なかなかそんな時間はとれません。
がんばっておそうじする日に効果があるのは、中性洗剤(マジックリンなど)をバケツ半分くらいのお水と合わせ、そこに液体ハイター(キッチン用で構いません)を混ぜます。
スポンジをその液体の中でクシュクシュして泡立ったら、それを風呂椅子に塗り付けます。
30分くらい放置します。
久々そうじのときは、しっかりめにゴシゴシします。そうするといつもよりも少ない力でピッカピカになります。さらに、これはいつもの掃除よりも効果が長持ちします。できれば週一回やると、ゴシゴシしなくても塗って、放置して、シャワーで流すだけになります。

ちなみに、ハイターは「混ぜるな危険」ですが、これは中性洗剤ならば大丈夫ですのでご安心ください。

週に一回、豊川市のS工業の独身寮浴室の掃除で、風呂椅子をきれいに洗っても、一週間でピンクカビが生えていた時に試したら、それからの掃除がぐんと楽になりました。

関連のブログを見る