損したくない人必見!家事代行サービスの賢い使い方

2021年4月5日

家事代行は、自分の代わりに面倒な家事をしてくれる便利なサービスです。

しかし、家事代行サービスの利用になれていない人からは「思ったよりも便利じゃなかった」「作業量が少なかった」という声も。なぜでしょうか。

 

それは「家事代行サービスを使うコツ」を知らないからです。今回は、豊川市・豊橋市で家事代行サービスを利用する人のために、初めてでも失敗しない賢い使い方を解説します。

家事代行サービスを使いこなすには、事前準備が大切ですよ!

filling-car-selling-contract-6PQBY6L

賢い使い方1. まずは「お試しプラン」をチェック

ほとんどの場合、家事代行サービスには「お試しプラン」があります。お試しプランでは、作業内容のすり合わせやスタッフのチェックなどができます。

このときに、家事代行サービスの流れを確認しましょう。

 

なお、初めての家事代行サービスだからといって、お部屋をピカピカに掃除してはいけません。お試しプランでは、スタッフの方もお試し中。家事にかかる時間や収納場所をチェックしているので、ぜひそのままのお部屋で利用してくださいね。

賢い使い方2. 依頼内容を明確にする

家事代行サービスは利用時間が決まっています。

時間内に満足いく家事をお願いするためには、あらかじめ作業内容を明確にしておきましょう。トラブルなどの可能性も視野に入れ、「必ずやってほしい家事」「できたらやってほしい家事」に分けて依頼すると安心です。

 

また、依頼内容は口頭で伝えると誤解や漏れにつながるため、メモに起こしておきましょう。

賢い使い方3. 道具はまとめて置く

家事代行サービスでは、自宅にある道具や洗剤を使って掃除や洗い物をします。

そのため、道具や洗剤はわかりやすい場所にまとめて置いておきましょう。こうすることで、スタッフが道具を探す時間が削減できます。

 

また繰り返し依頼をするようになったら、スタッフに必要な道具がないか聞いてみるのもおすすめです。スタッフは家事のプロですから、依頼主が思いつかないような「便利な家事グッズ」を知っていることがあります。スタッフが希望する道具を揃えることで、家事の効率が上がり、より多くの家事を頼めるようになるでしょう。

賢い使い方4. ルールを明文化する

ゴミの分別ルール、洗濯物の色分けルール、収納のルールなど、自宅で決めているルールはあらかじめ明文化しておきましょう。

 

スタッフは複数の家を担当しているため、ひとつの家のルールを記憶することは困難です。そのため、メモを用意することで、スタッフは都度依頼主に確認する必要がなく、効率よく家事ができます。また、違うスタッフに依頼するときも、引継ぎがスムーズに済むというメリットがあります。

ページトップへ戻る